グルメ

野菜のSubscription『Citizen Farm』

奥さんが「前から気になっていた」って言っていた野菜のサブスクリクション。

Citizen Farmの「CITIZEN BOX」ってサービスを実際やってみたので、今回はその報告をしたいと思います!

Citezen Farm(シチズンファーム)とは

まずこのCitezen Farm(シチズンファーム)なんですが、シンガポール国内で野菜などを生産しており、新鮮で、安全な食物を持続可能的に生産、提供することを目的としている会社のようで、「地元と農業を結びつける」と言うビジョンを持って、最新テクノロジーを用いて自然と調和した形で、循環する都市型農業システムを構築しているとのこと。

要は、この小さな国土のシンガポールは大部分を輸入品に頼っちゃってるんですが、食料自給率を上げようという政府の取り組みもあり、政府からの支援も得て行っている事業みたいです。(奥さんからの受け入り。笑)

2012年からスタートしていて、最初はレストラン(結構シンガポールでは有名な店舗が多数)のために卸す小さな農場から始まったようですが、学校や会社、モール、個人消費者など様々なところから反響があり、今注目されているみたいです。

都市型循環農業システム?

最小限の廃棄物で最高品質の農産物を栽培するさまざまな農業システムを特徴としています。 従来とは異なり、私たちの農業副産物は堆肥化されて肥料にアップサイクルされ、土壌や植物に栄養を与えます。

ってHPに書かれているんですが具体的には、

室内で農薬や殺虫剤を使わないで、野菜やハーブ、マイクログリーン類、キノコ類(椎茸も育ててる!)を育ててたりしているんですが、

サトウキビやコーヒーのかすなどの食糧廃棄物でキノコを栽培して、その使用済みの基質を鶏や昆虫(魚の餌用の)の餌として使用したり、

魚の養殖と水耕栽培を掛け合わせた形(魚を育てて出たふんを野菜の肥料にしたり)で育ててたり、

少ない土地で、効率よく、安全に育てていて、それを循環できるようなシステムになるように考えられて作られているようです。

Subscription…

毎週一回、配達に来てくれます。

基本的なラインナップとしては、葉物野菜、マイクログリーン、キノコ、ハーブなどが入っているのですが、毎回ちょっとずつ違います。

量としては、サイズは1タイプしかなく、

『二人家族で3〜4回の食事分、または1週間もつくらい分はある』ってホームページに書いてあるんですが、

正直、かなり来ます。

僕と妻の二人で食べてるんですが、1週間持て余すので、キノコとかなるべく冷凍できるのは冷凍したりしてます。

これを始めてからは野菜をスーパーで買うことは全くなくなりましたね。

肝心のお値段。

12week:S$470.80(S$35/1week+配達料、保冷バックデポジット込)

8week:S$363.80(S$40/1week+配達料、保冷バックデポジット込)

うーむ、なかなかしますね。

実際やってみての感想は次に。

実際やってみての感想

まず、どんな感じに来るのか。

こんな感じです。

これは第一回目に届いた野菜たちです。

保冷バッグに、ナス、椎茸、じゃがいも、ケール、カイラン、マイクログリーン達、ミント。あと初回特典で、バルサミコ酢が入ってました!

このバルサミコ酢がとても美味しくて、僕はオリーブオイルとバルサミコ酢を1:1くらいで合わせて、塩、胡椒をするだけで、簡単に美味しいドレッシングになりました!


これ、、初回は結構知ってる野菜たちだったので良かったんですが、、、

中には本当に名前も聞いたことない野菜達がおりまして、その中でもどう料理していいかわからない野菜をご紹介させていただきます。

・Mexican Tarragon こいつはなかなかの癖のあるハーブで、最初はどうすればいいのかわかんなかったんですが、ミートソースを作った時に入れてみたらめちゃくちゃ合ったので、肉料理とかトマト料理とかスープとかに匂いづけで入れてみるのが良さそうです。

・Pirslane これ調べたら、「雑草」って出てきました(笑)日本ではスベリヒユって言うらしく、山形県などの一部でしか食べられてないそうです。ただ、調べてみるとスーパーフードらしく栄養価が高いみたい。卵とじで食べている人がいたので真似しました。卵って有能だね。

・Sayur Manis サユマニス。「サユ」は野菜、「マニス」は甘いと言うようで、マレーシア料理に使われたりするみたいです。パンミーって言うマレーシア版うどんみたいな料理に使われるみたいなので、うどんに入れてみたんですが・・・。これも卵とじにしよう。笑


とまあ、色々と困難(?)もありましたが、この「CITIZEN BOX」やって良かったなーって思いました。

理由としては、まず一点。自分では買わない野菜が届くこと。

今まではスーパー行っても知ってる野菜しか買ってなかったんですが、今回これをやってみて、次スーパー行ったらカイランも、空芯菜も、ケールも、レモングラスも、ビートルーツも、メキシカンタラゴンも買おうと思ってます!!

特にケールは毎回確実に入ってきてたんですが、ケールがとても栄養価が高くスーパーフードって呼ばれていること、こんなに食べやすくサラダにも炒め物にも使えることなんて知らなかったので、このおかげで知れて良かったです。

良かった点、2点目。美味しかったこと。

正直、野菜の鮮度を見極める目なんて持ち合わせてないので、初めてみる野菜たちなんか特にこれが他で買ったものと違って新鮮で美味しいものだなんて全然わかんないんですが、

少なくとも知ってる野菜は新鮮そうに見えましたし、美味しかったです。ケールやマイクログリーンたちは特に新鮮でシャキシャキで、サラダで美味しく食べれました!

一度、配達してもらわず僕らが農場まで野菜を取りに行ったことがありました。その時、実際育てているところの一角を見学させてもらった(勝手に見た。笑)んですが、思ったより小さかったんですがとても綺麗な農場でした。しっかり管理されて作られてるんだなって感じました。


・・・ですが、じゃあ引き続きこのサービスを続けていくかと聞かれると、

僕らは続けないと答えます・・・。

と言うのも、まず量が多くて、食べきらない間に次のが来てしまったりもして、悪くしてしまった野菜も多々あったこと。

また、やっぱり1週間2人分でS$45(約3,600円)ってのは高いかなと。

ただ、4人家族だったりとか、「中国産の野菜は買わない、ドンキホーテで日本の野菜しか買わないわ。」(語学学校で実際にいらっしゃいました。)って方には、おすすめできるサービスだと思います!

(ドンキの野菜は比較的高いですし、無農薬で安全に作られていて、かつ、ドンキでは売ってない野菜が手に入るので。)

ただ、上にも書きましたが本当やって良かったなって思ってます。

この配達を2週間に1回とかのペースにできたらなー。このプランのターゲットとしては2人家族じゃないのかなーって思いました。

興味のある方はチェックしてみてください。

Citizen Farm

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA