その他/いろいろ

シンガポール 入国 後編

それでは後編はじめます。

シンガポール到着

快適な空の旅だったのであっという間にチャンギ空港に着いちゃいました。

着陸してからは、飛行機から出る際には密にならないようアナウンスがあり、順番に出ていくよう指示がありました。

幸い出口が近かったためすぐ出れました。

チャンギ空港でも色々と感染対策がとられているようで、飛行機を降りて1回、空港の中でも1回体温を測られました。

空港内はまたガラーンとしていて(多分夜遅かっただけではないと思う)係員の人がポイントポイントにいて、イミグレーションのところを教えてくれました。

入国審査

イミグレーションの前までくると、係員の人がわらわら来て、飛行機から降りた人たち一人一人に声をかけ、必要書類があるか確認されました。

必要書類とは

  1. パスポート
  2. VISA(私は長期滞在は初めてだったのでIPAレター)
  3. 電子入国カード(事前申請、当日は印刷して持っていく必要あり。)

就労ビザ等、すでに現地でカードを作って持っている方はそれで大丈夫だと思いますが、私はこれからだったのでIPAレターを印刷して持って行きました。

電子入国カードというのは今回のコロナ対策の一つになると思うのですが、入国する前に予めシンガポール政府に入国していいか申請します。

ネットでするのですが、そこに下記の項目を打ち込みます。

  • 名前
  • パスポート番号
  • 携帯番号
  • メールアドレス
  • 入国後の宿泊施設(強制的にSHNに入るので、ここはSHN DEDICATED FACILITYで問題ない)
  • 入国日

それと、次の質問に答えます。

  • 入国前6日間にアフリカまたは南米に行ってないですか?
  • 入国前14日間に立ち寄った国、地域を教えてください(私はどこも行ってないのでJAPAN ,TOKYOでした)
  • 次の症状はありますか?熱、咳、鼻水、喉の痛み、匂いの感覚または呼吸困難
  • 過去21日間にCOVID-19の診断または疑いがありましたか?
  • 過去14日間にCOVID-19にかかった人と接触がありましたか?
  • 過去14日間に病院に行きましたか?
  • 重大な疾患(がん、心臓など)がありますか?または毎日の活動で助けが必要ですか(例:食事、入浴、着替え)
  • 過去7日間に重慶、広東、上海、天津、浙江、江蘇に行ってましたか?

私の場合は全てNOだったのですが、医療機器メーカーで働いていた事もあって、病院に行きましたか?にYESって答えてたらどうなったんだろうな。って思いました。

ちなみに、嘘をつくと1回目では最大S$10,000の罰金および/または最大6ヶ月の懲役、2回目以降は最大S$20,000の罰金および/または最大12ヶ月の懲役になるみたいです。

さすがシンガポール・・・。皆様お気をつけください。

ちょっと説明が長くなってしまったんですが話を戻します。

必要書類も問題なかったので、入国管理の係員がいるブースへと向かいました。

書類を係員に提出したところいくつか質問を受けました。

英語が本当にできない私は、この係員のおじさんがとても明るい方で本当に良かった。笑

「何しに来たの?」(多分そう言っていたはず。)と聞かれて

「あー、ディペンデントパス・・?DP!DP!」と答え、

「DP…?」ってなってたけど、とりあえずわかったのか、「これから14日間のSHNに入るけどわかってる?」(的な事を言ってたと思う。)

「OK!I understand!」

「You understand!」

他にも独り言なのか、こっちに話しかけてるのかよくわからなかったけど、上機嫌な係員さんで、若干テンションでハンコ押してくれたんじゃないかって感じで押してくれました。(多分ちゃんとやってくれたと思います。笑)

これにて無事入国を果たした私は、あとは荷物をとって、バスに乗ってホテルへいくだけ。

私はかなり飛行機を降りたのが早い方だったので、こんな感じでバスが来るのを待ってました。

バスも10人くらい乗ったら第一陣は出発してホテルへ。

十分、人と人とが距離が取れるよう、余裕をもった対応でした。

・・・とまぁ、入国まではこんなところでした。が、この後ホテルでまた色々とありました。

長くなってしまったので、この話は次回で。

続く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA