SHN

SHN(Stay Home Notice)について①

これを書いている日から過去になってしまって申し訳ないんですけど、

最初の方に色々と話したいことがあって一気に書けなかったので…。

ご了承ください。

資料の確認

初日は部屋に入ってすぐ寝てしまったので、

2日目の今日はチェックインの時にもらった資料をちゃんと読みました。

英語の勉強にもなり一石二鳥だったと思います!

もらった資料は以下の4つ

  • MOHからの「HEALTH ADVISORY FOR PERSONS ISSUED STAY-HOME NOTICE」
  • SHINGAPORE TUOURISM BOARD からの「INFORMATION SHEET FOR PERSONS ON STAY-HOME NOTICE」
  • ホテルからの「Your stay-home notice(SHN)guide」
  • ホテルからの「Your Stay Home Notice daily meal plan」

一つずつ紹介して行きます。

HEALTH ADVISORY FOR PERSONS ISSUED STAY-HOME NOTICE

これはMINISTY OF HEALTH(MOH:シンガポールの保健省)が出している資料で、SHNをする人が期間中に何をしなければいけないかが書かれています。

ホテルに限らず、自宅でSHNを行う人(国によってはOK)も対象に作られているようで、内容としては、「施設から出ない。」「人と接触しない。」「個人で衛生管理をする」と言うようなことが書かれてます。

またQ&Aが書かれており、自宅で待機する人向けの質問が多かったので特に私には関わりありませんでしたが、一つだけあるとしたら、

Q「SHNの間で治療が必要な状況になった場合どうすれば良いか?」

A「SHN施設のスタッフに連絡してください。必要な段取りを支援します。」

でした。はい。なんかあったら内線でフロントに連絡します。

INFORMATION SHEET FOR PERSONS ON STAY-HOME NOTICE

これはSHINGAPORE TUOURISM BOARD(シンガポール観光局)からの文書で、保健省(MOH)が発行する外出禁止令(SNH)の下、ホテルに収容され、従わないとペナルティを課せられると言うことが書いてあります。

ペナルティは下記の通り

  • ホテルの一部の設備(WiFiなど)へのアクセスを禁止する
  • 奨学金を受けている学生である場合、奨学金提供者から権利の侵害の通知が来るかもしれない
  • 感染症法に基づいて起訴される可能性があります
  • シンガポールの永住者、長期パス、帯同パス(私はこれです)、学生パスの保有者の場合、パスの有効期間の短縮または、取り消し、また将来シンガポールに入国不可になるかもしれません
  • ワークパスを持った外国人労働者の場合、外国人労働法にしたがって権利を取り消す場合がある。

一生入国禁止なんて…。こわっ。

ホテルの滞在中では

  • 14日間部屋から出ないでください
  • 食料品や日用品を購入する場合でも、必要に応じて配達サービスを利用するか、他の人の助けを借りてください。受け取る場合も、ホテルのフロントで物を受け取り、ホテルの従業員が部屋まで持って行きます
  • ホテル内の共用施設は使用しないでください
  • 他人との接触を最小限におさえ、自分の部屋に人を招待しないでください。
  • 喫煙はホテルの利用規約を遵守し、喫煙できる部屋に割り当てられる必要があります
  • 健康状態を注意深く監視して症状をチェックしてください。特に発熱、咳、息切れなどの呼吸器症状について。
  • 石鹸での手洗い(食前後、トイレ後)、顔に触れない、咳やくしゃみの際には口を覆う、食品、食器、調理器具については人と共有しない。上記のことをすることによって良い衛生管理を個人で行ってください。
  • SHN中で治療が必要になった場合は
    • 心停止、脳卒中、発作や息切れ、大きな外傷などの緊急事態の場合は995に電話するかフロントに電話してください
    • 咳や発熱、慢性疾患、処方箋の補充についてはフロントに電話してください
  • 精神的に落ち込んだり、苦しんだり、不安を感じて誰かと話したい場合は国立ケアヘルプライン、メンタルヘルスホットラインに電話してください(電話番号の記載がありましたがここでは割愛します。)
  • 事前にPSHNs(Persons serving SHN)の承認の受けた介護者の場合は、厳格なコンプライアンスを遵守する必要があるので規約をよく理解してください。PSHNは病院または他の施設で隔離されます。質問がある場合はMOH COVIT 19 ホットラインまで連絡してください

こっちの資料の方が、私のようなホテルでのSHNをする人には重要でしたね。

本当に部屋から一歩も出れないんだなぁと。14日間の隔離だとやっぱ精神的に不安になってしまう人もいるんだなぁと。そのサポートもしっかりしてるなぁと思いました。

Your stay-home notice(SHN)guideとYour Stay Home Notice daily meal planはまた明日やります…。(のびのびですみません。)

続く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA